薄毛は薬で治療できる|AGAは治療できる|諦めたくないなら実行あるのみ

AGAは治療できる|諦めたくないなら実行あるのみ

男性

薄毛は薬で治療できる

櫛

AGAは額部分や頭頂部などの毛がO型やM型に少しづつ薄くなるところから始まり、やがては毛髪全体の多くが失われてしまうのが特徴となっています。このAGAの症状は男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことが原因となります。10代後半以降の男性であれば誰でも発症しうる薄毛症状で成人男性のおよそ3人に1人はAGAを発症することが統計などからも明らかとなっています。以前までこのAGAには有効な手段がありませんでしたがプロペシアやザガーロなどの薬に症状を効果的に抑制する効果があることが分かり状況が大きく変化しました。福岡の皮膚科ではこのAGAの治療を行っています。AGAの症状により薄毛が進行している方はまずは皮膚科で詳しいヘアチェックを受けるようにしましょう。

福岡の皮膚科では患者の薄毛症状の状態に合わせてザガーロやプロペシアの内服量や使用期間を調整しながらAGA治療を行っています。ザガーロやプロペシアの特徴は脱毛因子となる5α還元酵素1型や2型が男性ホルモンと結びつくのを阻害することで脱毛症状をコントロールする点にあります。AGA治療を開始した初期段階には一時的に脱毛がより進みます。しかしその後は毛乳頭のヘアサイクルが改善されるに従い薄毛症状が改善され、その結果として元の健全な発毛パターンへと回復します。最近ではこのザガーロやプロペシアがインターネット通販などで販売されています。しかしAGA治療で使用する薬には副作用をはじめ服用量などに細かな配慮が必要となるため必ず皮膚科で処方を受ける必要があります。福岡でAGA治療薬の使用を検討している方は必ず福岡の皮膚科で診察を受け、病院が処方する薬を使用するようにしましょう。